俺デモ音源のページ

                                                          06.06.24開設


さて、以前ネットには「俺デモのページ」というHPがありました。シンセを愛するユーザーさんたちが
愛機を駆使して音楽作品を作り上げ、それを公開する、というHPでした。
そこにUPされた作品はほとんどがたった1台のシンセで作り上げられたもので、いかにそのシンセが
愛されているかがひしひしと伝わってくるものでしたが、残念なことにそのページはもう無くなってしまいました。
ヴィンテージ、セミヴィンテージシンセの実際の音が聴ける貴重なページだったのに、とても残念なことです。

 さて、このワタクシめもそこにいくつかの作品を投稿していました。ここではその音源をアップしておこうと思います。
なにせ古い機種ばかり使っていますからね。いずれハードウエアの故障→修理不能となるのは目に見えています。
だから、音だけでも残しておいてやりたいのです。まー、音楽的には爆笑モンですが、そこはおいといて、ね。
なお、ここで使っているパッチはほぼ全てオリジナルです。
 では、早速いきましょうか!

1.K5000S(河井楽器)デモ
  これが投稿第1弾でした。当時使っていたのはたしかMSSというHDRソフト。ドラムマシンには
 YAMAHAのMIDI音源 MU-50を使っていました。外部エフェクトは一切使いませんでしたし、
 ドラム以外はすべて手弾きか、あるいは手弾きのフレーズをループさせたものです。
                     K5000デモ(k5kdemo.MP3

1'.K5000S(河合楽器)デモ(2010.05.05追加)
  これは期間限定で公開したもので、ネット画家であるTASさんの作品に音楽をつけたものです。
  K5000S以外の機材は全く使っていません(鈴の音もK5000Sで作ったものです)。

                「雪の日」の印象によるインプロヴィゼーション (YUKINOHI.MP3)


2.POLY6(京王技研)デモ
  一度は修理不能を宣告されたPOLY6を、ある工房が復活させてくれました。あまりのうれしさに
 作ったものです。これはPOLY6にZOOM1204を組み合わせたもの。エフェクトはZOOMだけですし、
 ドラムマシンも使ってはいません。鐘のような音も当然POLY6です。この鐘の音、どうやって作ったかはヒ・ミ・ツ(笑)。
 HDRは確かMSSだったと思います。これも全部手弾き。
                     Heroes Return(heroesreturn.MP3)

3.K1(河井楽器)デモ
  実はK1が大好き。ネットオークションでわずか5,000円で手に入れた音源(K1m)とベリンガーのマルチエフェクター
 を組み合わせて作りました。
ギラギラした質感が大好きなシンセです。シンセって、値段じゃ ありません ね。
 HDRはCUBASIS。
ドラムマシンはCUBASIS内臓のLM-9というヤツです。こ れもドラム以 外は全部手弾き。
                     迷光(meikou.MP3)                       

4.VZ-1(CASIO計算機)デモ
  実はVZ-1が大好き(笑)。やはりネットオークションで手に入れたもので、うれしくて作ったものです。
 鍵盤の感触はK5000Sに負けず劣らずで、弾いていて気持ちよいシンセです。しかも歪系の音はバリバリ。
 こっそり「攻撃型シンセ」と呼んでいます。この音源はVZ-1にZOOM1204を組み合わせたもの。
 HDRはCUBASISでドラムはLM-9。やっぱりドラム以外は全て手弾きです。
                     襲撃のメロディ(melody.MP3)

5.PAIA P9700改 (PAIA+オ ルム)デモ
  何とか楽器になったPAIA P9700モジュラー(改)のデモです。もともとのPAIA P9700にさまざまなモジュールを
 付け加え、何とか使える4VOICEポリフォニックシンセに仕上げました。モジュラーならではの怪しいパッチングから
 生まれる音を聞いてみてください。なお、モジュラーシステムの中にはエフェクターも含まれるのですが、今回は
 その中からエキサイター、ディレイ、フェイザー、8バンドフィルターバンクを使っています。ほかにはおなじみの
 ZOOM1204とCUBASISのプラグインからコーラスとリバーブを使いました。バスドラ、スネアはLM-9の音ですが、
 そのほかはすべてモジュラーで作り出した音です。例によってすべて手弾きですから、リズムの悪さはご愛嬌(^ ^)。
                     飛来者(hiraisya.mp3)

6.pMS-40(船乗りの物語謹製)デモ
 完全手作りシンセ、pMS-40のデモです。音源はpMS-40と、ドラムにCUBASISのLM9。pMS-40をKORGの
ハンディレコーダーSR-1で多重録音し、CUBASISでトラックダウンしました。使ったエフェクターは
・自作のエキサイター&ディストーション
・SR-1内蔵のリバーブ、ディレイ、コーラス、フランジャー
・CUBASISのリバーブ
です。例によってすべて手弾きですから、リズムがかなりすちゃらかですが、それもご愛嬌。手作りの楽器で、
こんなことが出来るんですよ、ということで(^ ^)。
                   侵入(sinnnyuu.mp3)

7.Mark1 (旧PAIAP9700改)デモ(2014.5.11)
 PAIA P9700のVCO、VCFにとうとう愛想をつかし、残ったのはVCAモジュールだけとなりました(爆)。
さすがにこれではPAIAモジュラーと名乗ることもできず、「Mark1」と改名することに(笑)。
VCOは4069型(サブオシレータ付)が8基、VCFはMS-20型が8基で完全4Voice対応。このフィルターはさるお方にご 教授いただいたもので、
LPF、HPF、BPFの3役をこなせるというスグレモノです。実にいじりがいのあるフィルターで、このフィルターが完成したのを
機にちょっとしたデモを作ってみました。例によって全部手弾きで、音楽的には爆笑モンですが、いつものように手作り楽器でも
こんなことができますよ、ということで。録音は
・ZOOM RFX300(コーラス+リバーブのみ)
・自作ディストーション
・KORGのレコーダー SR-1
・Presonus製Studio One2(Free版)、内蔵のコーラス、リバーブ、ディレイ
ドラムはStudio One内蔵のPresence。
                  Mrak1 デモ(Mark1demo.MP3)


8.Mark1 (旧PAIAP9700改)デモ(201412.30)
  アナログシンセ・ビルダーズサミットのデモ用に作ったものです。初めてのウタ(?)モノですね。
・ボコーダー、コーラス、リバーブにZOOM1204(名機!)。
・自作ディストーション、フェイザー、FAZZ、ディレイ他
・KORGのレコーダー SR-1
・Presonus製Studio One2(Free版)、内蔵のコンプ、リバーブ
ドラムはStudio One内蔵のPresence。

                  GRENDEL(GRENDEL.MP3)